DRAPERS

Drapers

DRAPERSは1956年、イタリア・BOLOGNAにてArturo Lolli氏により設立され、現在は2代目にあたるDomenico Lolli氏に受け継がれています。
社名である『DRAPERS』とは、英語の『DRAPER=服地商』、イタリア語の『DRAPPERIE=服地』、『PER SARTI=仕立屋のための』などを掛け合わせて作られており、仕立屋のための服地商という意味が込められています。

DRRPERSはマーチャント(卸商社)であり生地を作るメーカーではありません。イタリアをはじめヨーロッパ各国の生地メーカーに、DRAPERS社のコレクションとして提案する生地を織らせています。DRAPERSが評価されているのは生地のクオリティはもちろんですが、それ以上に“DRAPERSが選んだ”という信頼感によるところもひじょうに大きいと言えます。

現社長であるDomenico Lolli氏は、顧客(テーラー)とのコミュニケーションを大切にしています。テーラー業界における相談役として現場での様々な意見に耳を傾け、適切なアドバイスを行ってきました。結果、“Lolli”という名前はテーラー界において絶対的な地位を得ることとなりました。そのDRAPERSが選んだ生地は毎シーズンその発表が期待されています。特にシーズン限定で展開されている“LOLLI SUGGESTION”は、その時のLolli氏のベストな提案が盛り込まれています。決して派手な色や柄ばかりのコレクションではなく、控えめながらも華があり、しなやかさとハリを併せ持つ仕立て映えのするラインナップです。

DRAPERSの生地は、ミラノ、ナポリ、パリ、シンガポール、ニューヨークなど世界中の名だたるテーラーなどで目にすることができます。また日本国内でも様々なテーラー、セレクトショップ、専門店などでご覧いただくことができます。ぜひDRAPERS社のセレクトした生地コレクションに触れてみてください。

DRAPERS img

2019 Autumn & Winter
NEW REGULAR BUNCH

DR_91_1 DR_91_2 DR_91_3

No.91 TESSUTI PREGIATI

高級感と潤い溢れるコートバンチが登場いたしました。こびない大人なセレクトは、ここぞという大切なお出かけの時の強い味方になってくれます。

DR_92_1 DR_92_2 DR_92_3

No.92 ARRIVAL

Drapers社にとって重要なバンチのひとつである“ARRIVAL”がリニューアルいたしました。目付260gと290gというシーズンを問わないウール100%のコレクションは流行というメッセージ性がないからこそ安心して長くご愛用いただけます。色柄も使いやすく幅広いラインナップとなっております。

DR_93_1 DR_93_2 DR_93_3

No.93 WINTER ARRIVAL

今までARRIVALの後半にひっそりと収まっていた“WINTER ARRIVAL”が独立したバンチとして登場いたしました。無地のみだった今までとは違い、色柄も豊富に展開しております。今シーズンより新たに加わったプレーンカラー4色のジョーゼットは、しなやかで伸縮性に優れたローリーさんのお勧めの素材です。

DR_94_1 DR_94_2 DR_94_3

No.94 WINTER SPORT JACKETS

冬だからと言って地味で暗い雰囲気にならないのがDrapersのジャケットバンチです。最初の11品番のウール・カシミヤは色柄に加え、素晴らしい肌触りのラインナップとなっております。これを可能にしているのは高い品質のウールです。その他ウール100%の品番は昔、スコットランドのバイヤーがカシミヤ100%で作らせていた色柄をよりお求めやすい形にしたものとなっております。

2019 Autumn & Winter
“LOLLI SUGGESTIONS”

ART.591~598ART.591~598

カラーバリエーション豊かなカシミヤコレクションです。ブルーデニムを思わせるART.591は特におすすめの一品です。無難な色に落ち着きがちなカシミヤを大胆なカラーに染め上げました。

ART.663~669ART.663~669

絶妙なネップの表情が魅力のカシミヤ&シルクのコレクションです。ドネガルツィードをラグジュアリーなジャケット素材に表現しました。最高級のカシミヤコレクションだからこそ味わえる上品な色艶と手触りをお楽しみ下さい。

ART.342~349ART.342~349

トレンドのグリーンとブラウンを中心にしたクラシカルなデザインは、個性豊かなイメージを損なわず、新しい色、柄をコレクションしています。ライトウェイトの柔らかい肌触りを感じて頂けます。

ART.650~660ART.650~660

シェトランド・ツィードのカラーをイタリア技術によって軽くソフトに織りあげました。ディテールに拘るナポリのサルトを唸らせた評判のコレクションです。